レーシックQ&Aトップ > 近視手術の種類

近視手術の種類

近視手術の種類

アマリス750Zレーシック
アマリス750Zレーシックオススメ!
人気No.1!世界初導入!最新・最高位機種!
アマリス500Zレーシックがさらに進化した世界最高峰のレーシック!
アマリス750Zレーシックは、これまでのアマリスZレーシックよりもさらにレーザー照射の精度が向上し、 さらに照射時間短縮を実現した最高峰のレーシックです。
アマリス750Zレーシックの5つの特徴
»詳しく見る
クリスタルZレーシック
クリスタルZレーシック
低エネルギーで質の高い見え方を追求!
クリスタルZレーシックは、フラップの作成に当院最高峰の「フェムトLDVクリスタルライン」を使用し、屈折矯正には多くの実績を残している「エキシマレーザー(アレグレット)」を使用しています。
当院で使用している最新のフェムトLDVは、施術中も患者様の眼を確認しながらフラップを作成することが出来るので、安全で質の高い治療が可能です。
»詳しく見る
スタンダードZレーシック
スタンダードZレーシック
スタンダードZレーシックは、フラップの作成に世界初となるトップビューカムラ搭載のFEMTO LDV(通称ダヴィンチ/Ziemer社製)と 屈折矯正には多くの実績を残しているエキシマレーザー(コンディションメーター付設)を使用しています。
従来型のFEMTO LDVでは、レーザー照射前にカムラでフラップの位置を確認してレーザー照射を行うことが出来ませんでしたが、 品川近視クリニックで使用している最新のFEMTO LDVは施術中も患者様の眼を確認しながらフラップを作成することが出来るので安全で質の高い治療が可能です。
»詳しく見る
品川イントラレーシックアドバンス
品川イントラレーシックアドバンス
品川イントラレーシックアドバンスは、フラップの作成に最新型の「イントラレース」を使用し、 屈折矯正には多くの実績を残している「アレグレット」を使用しています。
また、角膜の形を矯正するためのトポガイド照射や照射中心のオフセット機能によって、術後の不正乱視を軽減します。 不正乱視が強い方にも対応できるレーシックです。
また、ウェーブフロントガイド照射が必要な方には、ウェーブフロントを無料で行っています。
世界トップクラスの症例データと経験、技術、知識を基に独自に完成させた施術システムの確立により、 安心して施術を受けて頂ける理想的な環境を実現しています。
»詳しく見る
リーディングアイ・プラス
リーディングアイ・プラスオススメ!
リーディングアイ・プラスは老眼の方にも対応可能な最新のレーシック治療です。
これまでのレーシックでは術後、老眼鏡が必要になる場合がありましたがこの治療の誕生により、老眼鏡をほとんど必要としない生活が可能になります。
※ 暗い所での読書や極端に小さい文字を読む際は、老眼鏡が必要となる場合がございます。
リーディングアイ・プラスの6つの特徴
»詳しく見る
イントラ角膜リング
イントラ角膜リング
円錐角膜が原因で、レーシックでは効果が期待できない方に適した施術です。角膜内に半円のリングを挿入して、角膜の形状を変えて近視・乱視を治療します。以前の角膜リングの挿入は器具を用いて角膜を切開しリングを挿入していましたが、品川近視クリニックではイントラレースレーザーを用いることで、コンピュータ制御による角膜の切開が可能になり、より安全かつ正確な施術が行えるようになりました。また、効果も一層期待できるものとなっています。円錐角膜治療では最新の技術であり、最も安全な方法です。
円錐角膜治療では最新の技術であり、最も安全な方法です。
»詳しく見る
フェイキックIOL
ICL(眼内コンタクトレンズ)
ICLで使用するレンズは、安全性の高い素材で出来ており、眼内に挿入することには実績がありますので問題ありません。また、眼の中にレンズを挿入するため角膜を削る必要がなく、コンタクトレンズのような違和感もありません。
»詳しく見る
フェイキックIOL
フェイキックIOL
レンズの材質はポリメチルメタクリレートという素材でできたARTISAN(アルチザン)タイプで、米国FDA(食品医薬品局)に承認されているレンズです。
»詳しく見る