近視手術の種類

エピレーシック

エピレーシックとは、エピケラトームという機器を使用して角膜上皮部分のみのフラップを作成する方法です。角膜の薄い方、格闘技など激しいスポーツをしている方に適しています。
(品川近視クリニック 東京院 限定)

■エピレーシックの特徴

  • 角膜が薄いなどの理由でレーシック適応外の方や格闘技をされる方など、特別な方に行います。
点眼麻酔イメージ 1. 点眼麻酔

眼の表面を消毒・洗浄して目薬タイプの麻酔を点眼します。
フラップの作成イメージ 2. フラップの作成

開眼器でまぶたを固定し、エピケラトームを使用して、上皮と角膜実質からフラップ(厚さ約60μm)を作成します。
屈折矯正イメージ 3. 屈折矯正

フラップをめくり、レーザーをあてます。角膜の曲面をなだらかにし、屈折力を変えます。
消毒イメージ 4. 消毒

眼の表面の洗浄をしてから目印に合わせてフラップを戻し、消毒します。その後、保護用コンタクトレンズ・点眼薬をつけて終了です。
施術後イメージ 5. 施術後

状態が安定するまで15分程度回復室でお休み頂きます。施術後の診察で問題がなければ、そのままお帰り頂けます。
施術時間20分程度(両眼)
術後の定期健診翌日・3日後・1週間後・1ヵ月後・3ヵ月後・6ヵ月後
保障期間3年

品川近視クリニック名古屋院・梅田院・福岡院では行っておりません。