レーシックQ&Aトップ > 近視手術の種類 > スタンダードイントラレーシック

近視手術の種類

スタンダードイントラレーシック

品川近視クリニックのスタンダードイントラレーシックとは?
スタンダードイントラレーシックイメージ
これまでのレーシックよりもさらに効果と安全性が高まったレーシックが「スタンダードイントラレーシック」です。
スタンダードイントラレーシックではフラップの作成から角膜の屈折矯正までをコンピューター制御された安全性の高い視力矯正施術です。
近視・乱視が強い方、40歳以上の方、角膜圧不足の方は他の施術をお勧めする場合がございます。
(品川近視クリニック 東京院・札幌院・梅田院 限定)
■品川イントラレーシックアドバンスがお勧め!
品川近視クリニックでは長期保障制度や1万症例以上の経験を有するドクター陣が中心となってチームを編成し、施術を担当する「品川イントラレーシックアドバンス」も行なっています。
「スタンダードイントラレーシック」よりも更に効果や安全性が高まったお勧めの屈折矯正治療です。

■スタンダードイントラレーシックの特徴

  • レーシックに比べ施術時間が短く、眼への負担も非常に少なくなりました。また、副作用や感染症の心配もほとんどありません。
  • イントラレースの導入により、レーシックで治療できないような強度近視の方でも治療することが可能です。
  • 施術室は高性能フィルターで除塵・除菌されたクリーンルームで行ないます。
点眼麻酔イメージ 1. 点眼麻酔
検査データを基に診察を行い、問題がなければ、点眼麻酔を行います。
フラップの作成イメージ 2. フラップの作成
イントラレーザー室へ移動して、開眼器でまぶたを開きイントラレースレーザーを照射してフラップ(ふた)を作ります。
屈折矯正イメージ 3. 屈折矯正
エキシマレーザー室へ移動して、フラップを開きます。適応検査で得られた詳細なデータをもとにエキシマレーザーを照射します。
消毒イメージ 4. 消毒
フラップをもとの位置に丁寧に戻します。消毒をして、施術は終了です。
施術後イメージ 5. 施術後
状態が安定するまで15分程度回復室でお休み頂きます。施術後の診察で問題がなければ、そのままお帰り頂けます。
術後の定期健診翌日・1週間後・3ヵ月後
保障期間3年

スタンダードイントラレーシックは、品川近視クリニック東京院・札幌院・梅田院で実施しております。